TOP > 学部教務 > 生物学セミナー

生物学セミナー

生物学セミナーは、現在下記のような課題がある。

A(月曜日)

1.細胞分子構造生物学(杤尾,土井,佐藤,関山)
細胞内で行なわれる様々な情報伝達の分子機構を構造生物学的、細胞生物学的、生理学的視点から理解するために、必要な論文や総説を講読する。
2.分子細胞生物学(中世古)
細胞増殖に関する研究の歴史において重要な論文、あるいは専門書を取り上げ、輪読する。
3.時間生物学(小山, 伊藤)
光合成生物の概日時計システムに関する一連の論文を読み,生物の時空間制御の理解を深める。
4.植物細胞の分子生物学(嶋田,田村(謙))
植物の発生、生理、環境応答などに関連し、主に細胞レベルに重点をおいた論文・総説を輪読する。
5.植物系統分類学(田村(実), 布施, 永益)
主として植物の系統分類学・形態学・解剖学などに関連した分野の手引書・論文・総説の輪読。
6.人類学(中務,中川,中村, 森本)
自然人類学・霊長類学・行動生態学・生態人類学に関する重要な論文を講読する。
7.動物の行動(沼田,森(哲))
動物の行動についての重要な論文,あるいは専門書を講読する。
8.発生生物学(高橋,佐藤,田所)
脊椎動物の発生における細胞分化、組織構築、器官形成、遺伝子発現、発生と進化などに関する代表的な論文や総説を読み、その理解を深める。
9.数理生物学(山内,谷内)
生物学特に生態学および進化生物学における数理モデルを用いた研究について重要な文献を取り上げ、論文講読を行う。必要に応じて数学的な説明も補足していく。
10.神経生物学(平野,田川, 田中(洋))
脳・神経系に関する英語教科書および英語論文を輪読する。
11. 細胞再生生物学(船山,越川)
多細胞生物が3次元形態や模様をどのように作りあげていくかの研究に関する最新の論文を講読する。
12.生物間相互作用(未定:本年度開講せず)
主に植物と動物の相互作用に関する最新の重要な論文・総説などを講読する。

B(金曜日)

1.分子情報学(今元,山下)
視覚系を中心にして、生物物理学的・分子生物学的手法を用いた蛋白質分子(受容体、G蛋白質、効果器酵素)の構造・機能解析に関する重要な論文、また、分子の機能解析から細胞レベル・個体レベルでの情報変換メカニズムを理解する重要な論文を読み、それらの内容について議論する。
2.植物の分子遺伝学(鹿内,槻木,西村)
モデル植物を用いた植物の環境応答,器官形成などの過程を支配する遺伝的制御システムに関する最近の重要な論文を選んで講読し,その内容について議論する。
3.植物の環境応答のシグナル伝達機構(長谷,望月,鈴木)
植物の環境応答に関する最近の論文を講読する。
4.環境ストレス応答機構(秋山,宇高)
動物の分子遺伝学や様々な環境ストレスへの応答・防御機構に関する重要な文献あるいは専門書を講読する。
5.免疫生物学(高原)
免疫の生物学的側面および病態との関連について、適当な文献を講読する。
6.動物系統学(岡本)
脊椎動物の系統分類学・生物地理学に関する最近の文献を輪読する。
7.理論生物物理学(高田,岩部)
分子レベルの理論生物物理学あるいは、分子進化に関する主要な論文・総説を輪読する。
8.生態学(曽田,渡辺,川北)
生態学に関する重要な論文・総説・著書などを輪読する。
9.シグナル伝達の分子生物学(西田,日下部,宮田)
細胞の増殖,癌化,分化及び細胞死や高次生体機能を制御するシグナル伝達とそれに関連する分子生物学分野の論文を講読し、議論する。
10.海洋生物学(朝倉,久保田(信),大和,中野(智))
海洋生物学に関連した重要な論文を講読する。さらに論文の内容をプレゼンすることにより、研究成果を口頭で発表するスキルを身につけるためのトレーニングも併せて行う。
11. 高次生命現象の分子生物学(石川,三好,定家)
発生、分化、老化、がん化などの高次生命現象を理解するために必要な分子生物学、遺伝学、進化学、システム生物学などの視点を、適当な論文・著書を輪読しながら学ぶ。
12. 細胞応答の分子機構(森(和),岡田,石川(時))
分泌系タンパク質の高次構造形成の場である小胞体の機能を維持するために真核細胞が示す様々な応答についての重要な論文・総説を講読する。
13. 多細胞構築の分子発生遺伝学(上村,碓井,服部)
動物の器官形成とその機能発現を、細胞間および器官間相互作用、あるいは器官や個体とそれらを取り巻く「環境」要因である栄養の影響からとらえる。具体的には、摂食行動を調節する神経回路の働きや、食餌に含まれる栄養が発生や疾病に果たす役割、器官の三次元形態形成を制御する遺伝子・細胞間の相互作用則などに関して、注目すべき論文を講読し議論する。実験結果について議論するだけでなく、分子遺伝学的手法、ライブイメージング、メタボローム、そしてゲノムインフォマティクスなどの方法論の理解にも挑戦する。