植物系統分類学

スタッフ

田村 実

職位
教授
部屋
理学部2号館101号室
Phone
075-753-4134
Fax
075-753-4145
Email
mntamura(at-mark)sys.bot.kyoto-u.ac.jp

高山 浩司

職位
准教授
部屋
理学部2号館103号室
Phone
075-753-4131
Fax
Email
takayama(at-mark)sys.bot.kyoto-u.ac.jp

布施 静香

職位
助教
部屋
理学部2号館102号室
Phone
075-753-4145
Fax
075-753-4145
Email
fuse(at-mark)sys.bot.kyoto-u.ac.jp

永益 英敏 (総合博物館)

職位
教授
部屋
総合博物館S311
Phone
Fax
Email
nagamasu.hidetoshi.2w(at-mark)kyoto-u.ac.jp

研究内容

研究テーマ:(1)生物多様性の解析、(2)系統進化の解明、(3)種分化機構の研究

(1)主に東アジア・東南アジア・ヒマラヤの森林や草原などで野外調査を行って、新属や新種を発見・記載するとともに、いろいろな地域の植物相(フロラ)の解明に取り組んでいます (Figs. 1, 2)

Fig. 1. 野外調査(ヒマラヤ)
Fig. 2. 野外調査(マレー半島)

(2)DNAの分子情報に基づいた系統樹を背景にして、形態学・解剖学・発生学・染色体などの諸形質がどのように進化して、現在に見られる多様性を獲得するに至ったのかを研究しています (Figs. 3, 4)

Fig. 3. 単子葉植物の分子系統樹[Journal of Plant Research 117 (2)より引用]
Fig. 4. コハリスゲ(カヤツリグサ科)の痩果表面の走査型電子顕微鏡像[Acta Phytotaxonomica et Geobotanica 70 (2)より引用]

(3)様々な陸上植物の分布形成過程を、主に次世代シークエンサーを用いた集団遺伝学的解析により明らかにしようとしています (Fig. 5)。また、早春植物の送受粉様式を観察し、種の維持と隔離の仕組みの研究にも取り組んでいます (Fig. 6)。

Fig. 5. ファン・フェルナンデス諸島固有属Robinsonia(キク科)のDNAフラグメント解析に基づくネットワーク図 [AoB PLANTS 7: plv102より引用]
Fig. 6. コバイモ類(ユリ科)の花に訪れるヒメハナバチ